復活株も10倍株候補!

Sponsored Link

成長株・割安株以外のもう1つのカテゴリー 

復活株

 テンバガー(10倍株)を狙えるカテゴリーとして注目しているのは復活株です。復活株とは今まで業績が悪く赤字が続いて株価が低迷していた会社が赤字部門の売却やリストラ、新商品や新サービス、新たなビジネスの成功で売上、利益が劇的に伸びてきて、どん底から這い上がってまさに復活した企業のことを言います。赤字で倒産しそうな会社だった場合、株価は徹底的に売り込まれてきた訳なので、こういった会社が復活すると株価は驚くほど上昇していきます。今まで売り込まれていた分、反動がすごいんですね。
 四季報で赤字から黒字転換して業績が急回復していきそうな企業を探していきます。四季報では業績の予想が2期先まで掲載されています。赤字から黒字転換をしている銘柄などは要チェックです。いままで赤字企業であるなら無配だっとと思われます。四季報コメントで「復配濃厚」「復配か」や「急回復」「反転」などのワードがあれば注目です。

以前復活株で注目していた銘柄に「コジマ・7513」があります。

 業績の悪化で苦しんでいたコジマは2012年にビックカメラの子会社となってから、地道な経営努力で着々と業績改善に取り組んできました。不採算店舗を閉店していくなどスクラップアンドビルドを実施、ビックカメラと物流部門を統合して効率化を図り、品揃えアイテムを増加させ、家族ずれが来店しやすい店作りで回遊率を高め、それらの施策がうまくいき業績が徐々に改善してきました。2019年8月期も増収増益となっています。今まで配当は無配でしたが復配になり株価も底値から3倍以上になりました。
 コジマのホームページを見てほしいのですが、コジマは月次業績を毎月発表しています。小売業では特に月次業績をチェックすることで業績の変化を先取ることができます。四季報以外にも月次売上をみていれば
徐々に月次売上が前年を上回っていたのを確認して決算がよくなることも想像できた訳です。
 特に新店ではなく既存店の売上動向が重要です。新期出店は良いことですが、新店を出せば売上が増えるのは当たり前です。それよりは既存店の売上が伸びているかが重要です。既存店が伸びるということは品揃えなどのショップバリューがお客様に認知されてきているということなので将来の売上増も期待が膨らみます。

☝ポイント
復活株を四季報と企業の月次発表で見つけよう!

Follow me!