ファンダメンタルズ分析とは?

Sponsored Link

 

ファンダメンタルズ分析

ファンダメンタルズ分析とは、「経済活動等の状況を示す基礎的な要因をもとに分析すること」とされています。テクニカル分析とよく話がでてきて、企業の財務状況や業績をもとにして、企業の本質的な価値を分析する方法というふうに個別株の分析として使われるイメージが強ですが、そうではなくマーケット全体からアプローチするのが本当のファンダメンタルズ分析です。マクロ経済のファンダメンタルズ分析と個別企業のファンダメンタルズ分析を同時に行うことがより深い分析が可能となってきます。

ファンダメンタルズ分析には3つあります。

1,トップダウンアプローチ👈

2,マーケットアプローチ👈

3,ボトムアップアプローチ👈

 

 まずファンダメンタルズ分析というと長期投資というイメージがあるかもしれませんんが、それは少し違ってきます。ファンダメンタルズ分析は企業の長期的な企業価値、7年~10年先(成長サイクルがこのくらいと言われている)を定性分析と定量分析を行って投資判断をしていくことを言います。

企業選択は長期目線で業績が今後伸びていくものを選びます。長期保有していた銘柄が急激に将来の業績を折り込みにいったとき、株価が急上昇して短期で売買判断をすることもあります。必ずしも長期保有ということではありません。あくまで目線は長期ということです。

そして個別企業の分析とプラスして投資環境の変化を正しく把握するためにマクロのファンダメンタルズ分析を行います。

 個別株のファンダメンタルズ分析+マクロ経済のファンダメンタルズ分析

個別企業のファンダメンタルズ分析は割安株投資というイメージが強いようですがイコールではありません。割安株(バリュー株)と成長株(グロース株)両方に生かすことが可能です。企業には現時点の企業が持つ資産価値とこれからの成長性を加えた将来価値の2つがあります。

 

その2つを組み合わせることで割安株(バリュー株)や成長株(グロース株)を上手に投資をして資産を大きく増やすことが可能になります。

  

Sponsored Link

Follow me!