株式投資で最初に覚える PERとは?

Sponsored Link

初心者が最初に覚えるPERとは?

 PER(ピーイーアール)は株式投資を始めて最初に覚える株価指標だと思います。株式投資の基本は安く買って高く売ることです。企業の実態に比べ安く買えれば将来株価が高くなる可能性が他価格なります。

 株価の割安度を測る株式指標として代表的なのものはPER(ピーイーアール)PBR(ピービーアール)配当利回りがあります。

PERは株価と会社の利益を比べて株価が割安かどうか判断する株式指標です。式は以下のようになります。

 

PER=株価÷1株当たりの当期純利益(今期予想)

今の株価が1株当たりの当期純利益の何倍あるかということを表しています。この倍率が少ないほど割安と判断されます。ただし以前にもお話ししましたがPERには2つの見方があり、PER倍率が低ければ割安、高ければ割高というのはその1つの考え方です。

 

 例えば当期1株当たりの利益が100円のA会社があります。当期予想1株利益が100円なので現在の株価が1000円ならPERは下記の通り10倍になります。これの意味するところは今期の1株利益100円が今後も100円で続くなら10年で元を回収できるということです。

1株1,000円で買った株、この投資金額額1000円が1株当たりの当期純利益の何年分かを表しています。

 

次に当期1株当たりの利益が100円のB会社があります。当期予想1株利益が100円なので現在の株価が800円ならPERは下記の通り8倍になります。これの意味するところは今期の1株利益100円が今後も100円で続くなら8年で元を回収できるということです

この2つを比べてどちらが割安だと思いますか?

回収する期間が短い方がいいですよね?同じ投資金額を10年で回収するよりは8年で回収したいですよね。そう考えるとB社が割安となります。

しかし・・・

PERには相反する2つの意味があるんです。ここがPERの計算は簡単なのですが奥が深いところなのです。詳しくは↓

 

Sponsored Link

Follow me!