株式投資 PBRとは? 本当の見方

Sponsored Link

 

株式投資で役立つPBR PERと並んで人気の株価指標

PERと並んで株式投資をする時に使う馴染みのある株価指標にPBR(ピービーアール)があります。PBRは「Price Book Value Ratio」の略で株価純資産倍率といいます。

   

 

合わせて読みたい! 株式投資で最初に覚える PERとは?

 

PBR(倍)=株価÷1株当たりの純資産

 仮に企業が解散したとき、債務の返済をしたあと残った財産は株主が受け取ることができます。これは会社の決算書にある貸借対照表の純資産のことを言っています。この純資産をその会社の株式数で割ると1株当たりの純資産が計算できます。

PBR=1倍以下が割安とされる

 

 PBRが1倍を割れるということは株価が1株当たりの純資産より低い状態です。実際の価値より株価が低い訳なので割安とされます。しかしこの純資産はあくまで現時点での純資産であることに気をつける必要があります。

 毎年の企業の利益は剰余金として純資産にプラスされます。利益を稼いでいる企業であるなら毎年利益剰余金が増えて純資産にプラスされ純資産は増えていくことになります。現時点でPBR1倍割れている企業であれば、さらに今後PBRが低くなり割安度が増していきます。また逆に今後業績が悪くなり赤字になる企業なら、毎年損失が計上され利益剰余金が減っていき純資産が少なくなっていきます。そうなると現在PBRが1倍割れで割安と思われても、今後1株当たりの純資産額が減っていくので株価のほうが高くなれば、PBRは1倍を超えて割安度はなくなります。

さてPBRが1倍割れていれば本当に割安なんでしょうか? 割安の場合と割安でない場合があります

 東証1部や2部のにはPBR1倍割れた銘柄がかなりの数存在しています。その銘柄は本当に割安ならもっと株価が買われてもいいはずです。なのに株価が安い。それはなにかしら買われない理由があるということです。PBR1倍を割れていることが妥当な状態とも言えます。PBRが1倍割れているからと言って割安とは限らないのです。PERの時もお話ししましたが株価は将来の状況を先取りしていきます。理由があってPBR1倍を割れていることが多いのです。それを読み解くためにはROEを理解することが大切です。 

 

Sponsored Link

Follow me!