未分類

株式投資 ROEとは

Sponsored Link
[vkExUnit_ad area=before]

株式投資で役立つROEとは?

株式投資で良く用いられる経営指標としてROE(アールオーイー)があります。ROEは「Return On Equity」の略で自己資本当期純利益率と言います。

ROEは次のように計算します。

ROE(%)=当期純利益÷自己資本×100

自己資本は株主の持ち分です。その自己資本を元手にどのくらい利益を稼いでいるかを%で見る指標です。

自己資本は「株主資本」+今までの利益の積み重ねの「その他包括利益累計額」です。毎年の利益が自己資本にプラスされていきます。

利益を稼ぐ企業の自己資本はどんどん大きくなり企業価値が上がります。PBRでも1株当たりの純資産が増える訳なので株価が変わらなければ割安度が増していきます。

 

ROEが高ければ収益性が高い良い企業 

 ROEが高ければ収益力が高いので企業価値向上による株価上昇を期待できます。目安はROE10%以上が収益力が高いと言われるようです。ただ気をつけなくてはいけないのは、ROEは経営指標で株価指標ではないということです。ROEが高いから割安とかROEが低いから割高とかそういう見方はしません。上記を見てもわかるとおり計算式に株価は入っていません。株価と比べる指標ではないのです。

また負債が多く自己資本が小さい企業はROEが大きくなりがちです。それは少し割り引いてみる必要があります。
その場合は総資産からみるROAで見た方が良いでしょう。

ROEだけでは判断しない

投資対象はROEが高い希望を選ぶのが得策です。ただしROEだけでは現在の株価が割安なのか割高なのかが分かりません。ROEを分析するとき、合わせてPERとPBRを合わせて見るとより深い分析ができるようになるのです。

  

 

Follow me!

[vkExUnit_ad area=after]
PAGE TOP