どうせ株式投資をするなら億の資産を目指そう!

株式投資にはどんなイメージがありますか?

 お金がなくしてしまう、怖い、難しそう、お金持ちがやるもの、などまだ株式投資をしたことない方はいろいろとマイナスのイメージが大きいと思います。でもしっかり基本を押さえて勉強していけば、株式投資は全く怖いも のではなく、将来の資金を作る、人生の味方になるとても心強いパートナーなんです。

 

 よくあるのが、株で失敗して借金で家族が崩壊したとか、そんな失敗談ですが、株式投資で信用取引をしなければそんなことは絶対になりません。信用取引とは現金や自分の持ち株を担保にして、自己資金の約3倍まで証券会社から資金を借りて株を買う(または売る)ことを言います。思惑とは違って株価が下がれば損失が膨らみます。(売りの場合は株価が上がれば)。大きく損失がでれば担保割れになり追い証という追加資金を出さなくてはなりません。そもそもお金がなくて借金して株を買って値上がり益を狙っているわけですから、追い証を払える分けないのです。そうすると借金で買った株は強制的に売却して損を確定しなくてはいけません。そのとき自己資金よい多くの損失があった場合借金だけが残るのです。自己資金より多く借金をして、お金を持っていないのに自分の実力以上のことをやるから失敗するのです。

こうなるとギャンブルです。

※株で一気に儲けたいという気持ちの焦りがこのような投資行動にでることが多い

  

株式投資を始める初心者は必ず現物株取引にしましょう。信用取引はやめた方が良いです。現物取引であるなら、仮に投資した会社が倒産したとしても投資金額が0になるだけで借金は残りません。

 

※もちろん倒産するよな会社に投資しないよう勉強していきます。倒産しない会社を見分ける方法もあるんです。

 

まずは50万円を貯金をしましょう。

株を買うには自己資金が必要です。私が考えるスタート資金は50万円です。今50万円あれば売買単位、金額が下がっているので買える株は多いはずです。

億の資産を目指ざす

小さな資金から億の資産を目指すには、押さえるポイントがあります。

小型株に集中投資をすることです。

焦らずじっくり投資

短期間で1億円の資産が作れる訳ではなく、長いスパンでじっくり投資していくことが必要です。最初は現物取引でやります。信用取引は経験を積んでからスタートで十分です。

少額の資金から億トレーダーになれた個人投資家は多いんです。不可能ではありません。必要なのは学び続ける気持ちと、諦めずに続けること、だと思います。一番重要なのは頭の良さではなく、実はメンタルだと思っています。

  

このサイトでは資産を大きく1億円まで増やすのに役立つ情報を億トレーダーTAKAが失敗や成功談を交えながら発信していきます。

個人投資家TAKA