投資のヒント

投資のヒント

[vkExUnit_ad area=before]

目次

株式投資のヒントは至る所に溢れている。

1,投資のヒントは街中にある。

2,大事なのは連想ゲーム

3,コツコツと日々の勉強が身を結ぶ。

4,コロナウィルスで飲食店はすべてだめ?

5,人より早く動くことが大事。

1,投資のヒントは街中にある。

株式投資のヒントは意外と街中にあふれています。

新聞やテレビのニュースでも情報としてよいのですが、すでにその時点では情報としては遅く、日々街中をウォッチングする中で得た情報のほうが株式投資に役立つことがあったります。

最近でいうなら、やる気ワクワク、ワークマンですが株価は大きく上昇しています。

口コミでワークマンの仕事着、安くて丈夫でおしゃれと主婦の中で人気になり、妊婦さんにはワークマンのシューズが神がかり的に滑りにくいと評判になったり、徐々に女性に人気になってきました。ガテン系のイメージしかなかったワークマンが徐々に主婦層などのガテン男以外に層にも人気になり売上が伸びていたのです。

まだその段階では株価は大きく上昇していませんでした。

もしそういった情報を街の中の情報で体感していたら、きっと大きなヒントになったに違いありません。

株価が大きく上昇しているときは、その情報がすでに多くの人に知られていてタイミングとしては遅くなっています。

街中でも有益な情報を人より早く得ることが可能なんです。

2,大事なのは連想ゲーム

「風が吹けば桶屋が儲かる」

風が吹くと土ぼこりがたって目に入り盲人が増える。盲人は三味線で生計を立てようとするから、三味線の胴を張る猫の皮の需要が増える。猫が減るとねずみが増え、ねずみが桶をかじるから桶屋がもうかって喜ぶということ。大風が吹けば桶屋が喜ぶ。

 ではありませんが、株式投資はこういった連想ゲームに近いものがあります。

いろいろなニュースが飛び込んできますが、それを普通に聞き流すのではなくて、それならこうなってこうなるのでは?と連想を膨らませてみましょう。

いろんな発送が生まれて新しい投資の発想が生まれると思います。

 

3,コツコツと日々の勉強が身を結ぶ。

 

 その連想ゲームをするには日々の勉強が必要です。

四季報を気になるごと見て企業を調べておくと知らぬ間に企業の内容が頭にインプットされて、いざニュースが入ってきたときに連想が働くようになります。

日々の鍛錬が試されます。

4,コロナウィルスで飲食店はすべてだめ?

 誰もがダメだといっている中に、実は投資のヒントがあります。

コロナウィルスで居酒屋やレストランが業績悪化でダメだ!と言われていますが、すべてダメでしょうか?家族で外食にいくと気づくことが多々あります。この間屋焼き肉店に家族で行ってきましたが、以外に混んでいました。どうも焼き肉店の個室のようなスペースと焼き肉の煙を処理するロースタが換気になってコロナウィルスの中、焼き肉店が安心して食べられるということで人気になっているようです。

焼き肉キングを展開する物語コーポレーションはコロナ渦でも月次売上が好調で他の飲食店の株価がさえない中、株価の上昇基調が続いています。

ダメな中にも投資のヒントがあります。

 

5,人より早く動くことが大事。

 

株式投資は人より早く動くことが成功のポイントの一つです。

タウンウォッチングをすることで肌で感じた景気の温度、流行の流れを察知することが可能です。

証券マンやプロの投資家より早く役立つ情報を日々の生活から得ることもできるんです。

個人投資家の強みでもあります。

是非 日々の生活の中でもアンテナをピーンとはって流行や変化に敏感になると

お金が増えていくことになります。

日常生活の中にお金を増やす情報が溢れている。 

個人投資家TAKA

世の中の変化に敏感になろう!お金を増やす秘訣です。

※銘柄を推奨するものではありません。

Follow me!

[vkExUnit_ad area=after]
PAGE TOP